エサ釣りとルアー釣りでは本当はどちらのほうが良く釣れるのですか?

ルアーについて

Q:質問

釣りの初心者ですが、ルアーで狙うシーバス釣りに今現在はまっています。

朝早く起きて釣り場に行ったり、休みの前の日は仕事帰りに釣り場に行ってルアーを投げているのですが、なかなか釣れません。

先日、私がルアーを投げている横でアオイソメを使ったウキ釣りで30~40センチのシーバスを入れ食い状態で釣っているのを見まして、唖然となりました。

やはり、エサ釣りにはルアー釣りは歯が立たないというか、敵わないのか~!?と、思ってしまいました。

そう思っている矢先に、知り合いが「ルアーで大きなチヌが入れ食いだった!」などと信じられないようなことを言うのです。

エサ釣りでも難しいと言われるクロダイがルアーで入れ食いになることなどあるのでしょうか?

シーバスやクロダイに限らず、エサ釣りとルアー釣りは、実際のところどちらがよく釣れるのでしょうか?

 

 

A:回答

シーバスをルアーで釣っている横で、エサで入れ食いですか?

私は両方の立場を味わったことがあります。

どういうことかと云いますと、エサで釣っている方がほとんど釣れなくて、ルアーで釣っている私に次々にシーバスが釣れたことがあります。しかもほとんどが60~70センチオーバーでした。

その逆に、周囲の方がルアーで釣てほとんど釣れていない中、私はアオイソメのエサのウキ釣りで入れ食いを体験したことがあります。

クロダイに関しましては、ヘチ釣り(落とし込み釣り)で入れ食いを体験したことはありますが、チニングと呼ばれるルアー釣りでは、皆無ではありませんがそれほど釣れた実績がありません。

私の友人にも、夏場の河口域でホッパーやフローティングミノーを使ったルアーフィッシングで、40センチ台後半から年なしの50センチオーバーを1時間で8枚釣り上げたという猛者がいます。

エサ釣りとルアー釣りはどちらが簡単??

エサに関しましても、いろいろなエサがあります。

虫エサ、エビやカニなどの甲殻類、生きた小魚、魚の切り身、貝類、鶏の皮、練り餌、釣りダンゴ…な度など。

使うエサで釣果が断然違ってきます。

日中に虫エサでは全く釣れない魚が、モエビを使うと釣れたりしますから、不思議です。

ルアーもいろいろな種類があります。

プラグ、メタルジグ、スピナー、スプーン、ワーム、エビやカニや小魚そっくりのリアルなルアーなどなど。

エサ釣りとルアー釣りではどちらが簡単か?と云うことですが、どちらも簡単ではないが、エサ釣りの方が釣り人がそれほど動きなどを加えなくても食いつく分、比較的釣りやすいと云えるのではないかと思います。

ワーム等のルアーには、魚が好む臭いをしみこませているモノも販売されてはいますが、基本的にロッドアクションなどでいろいろな変化を付けて、死んでいるモノを生きているように見せなくてはならない分、難しいと思います。

但し、最近ではリールを巻くだけで、絶妙な動きをする「タダ巻ルアー」も多く売られています。

こうなると、むしろエサ釣りよりも簡単かもしれません。

餌釣りとルアー釣りとではどっちがよく釣れるのか?

私はいろいろな魚種でエサ釣りとルアーフィッシングをやってきました。

ですが、シーバス1種類に関しましても、エサ釣りの方が良く釣れるだとか、ルアー釣りの方が良く釣れるとは言い難いものです。

魚の活性が高いときはルアーの方が簡単に入れ食い状態になりますし、魚の活性が低いときはエサ釣りの方がやはり有利になります。

エサ釣りは、手間が掛かったり、虫類が苦手な方もいますが、いろいろな魚が釣れるというメリットもあります。

泳がせ釣りなどで小魚を調達することがなかなかできない時などは、ルアーの有難さをしみじみと感じることがあります。

どちらが良く釣れるのかと云うことに関しては、概ねエサ釣りの方が簡単ですし、低活性の時にも釣れることを考えると、安定して平均して釣れるのはエサ釣りであり、ごく例外的に魚の活性が高いときはルアーの方が断然よく釣れるということもあるということです。

餌釣りとルアー釣りでは同じタックルを使うのか?

そもそもエサ釣りとルアーフィッシングでは、同じ魚種を狙うにせよ、タックルは違ってくることがほとんどです。

例えば、シーバスをケースで考えますと、ルアー釣りの場合は、シーバスロッドとスピニングリールが一般的ですが、エサ釣りの場合はウキ釣りの場合は磯竿とスピニングリール、ヘチ釣りの場合はヘチ様のロッドとヘチリール、船釣りの場合は船竿とベイトリールを一般的には使います。

それぞれの釣り方で、竿はもちろんリールも違ったりします。

このことは、メバルにせよクロダイでも同じで、ルアー釣りのタックルとエサ釣りのタックルはまるで違うのが普通です。

但し、メバリングのタックルでヘチ釣りをしてメバルを狙うことは可能ですが、する方は多くはありません。

まとめ

ルアー釣りの良さは、エサをいちいち調達しなくても良いことだと思います。

つまり、車の中にタックルやルアーを入れておけば、いつでもどこでも、すぐに釣りが出来るというお手軽さがあります。

エサ釣りのように、気持ち悪いエサをつかまなくても良いですし、車の中がエサで臭くなったりすることはほとんどありません。

結論として、エサ釣りとルアー釣りのどちらかを選ぶとすれば、その時々の釣り場の状況、狙う魚のサイズや数、他の魚も釣りたいのかどうかなどを勘案して選ぶことが必要になってきます。

クロダイをトップウォーターで釣ったりすることができる条件はかなり限られており、いつ何時でも、どこででもと云うわけにはいきません。

お手軽ですが、ひとつタイミングを間違えると、「ルアーを投げてはリールを巻くだけのむなしい作業の繰り返し」になりがちです。

最後まで記事を読んでくださりありがとうございます。

海釣りで、まずはパイロットルアーの役目を果たす上で重要なメタルバイブレーションの売れ筋をご紹介していますので、参考にしてください。

コメント