海釣りで釣れる主な魚の「大物」の大きさの基準を教えてください。

釣りに関する知識

Q:質問

海釣りの初心者ですが、先日生まれて初めて30センチオーバーのクロダイを釣って喜んでいたのですが、友達にそのことを報告すると、「まだまだ小さいサイズだね~!」と、あっさり言われてしまいました。

自分では30センチオーバーのクロダイでも十分大物だと思うのですが、ベテランの方はクロダイに関しては何センチ以上から大物と呼ぶのか教えてください。

また、海釣りで特殊な魚を除いて、魚別の大物のサイズはどれぐらいの大きさなのかも教えてくださると今後の釣りの参考になります。

 

 

A:回答

大物に対する全国共通の基準と云うものはないのですが、クロダイに関しては50センチオーバーを「年なし」と呼んで、大物だとする認識があると思います。

では、48センチや49センチのクロダイは、大物ではないのか?と云うことを考えると、更にややこしくなります。

時期によったり、個体によっては、痩せた50センチのクロダイよりも、丸々と太った49センチのクロダイの方が重さもパワーもあることが多いからです。

ですが、こんな細かいことまで言うとキリがなくなりますので、クロダイに関しては50センチ以上の「年なし」は大物と云っても良いと思います。

クロダイの日本記録は、70センチを超えるものが釣られています。

しかし、「ロクマルのクロダイ」と云って60センチ―バーのクロダイは、全国的に見ましても、年間でもそれほど数多くは釣れていないと云われています。

大物のサイズは釣り場や釣り方や釣り人によって随分違う

海の魚はたくさんいますし、釣り場などによっても大きく違います。

もっと釣りしよ!

例えば、アイナメなどは三陸海岸では50センチオーバーなどはザラですが、西日本、九州などでは見たことも聞いたこともないサイズではないかと思います。

また、マダイはおかっぱりから60センチを釣れば、かなりの大物だと云えますが、船からの釣りですと、全く珍しくもないサイズです。

また、釣り歴が数十年もあるベテラン釣り師は、スズキの80センチオーバーをこれまで3桁ぐらい釣っている方もいて、そういう方からすると、スズキはメートルを超えないと大物ではない!と云う方もいるかもしれません。

魚種別の大物のサイズとは?

上記のことからも魚種別の大物のサイズは客観性はあまりなく、個々人の主観によるところが大きいものです。

初心者にとっては、クロダイの30センチオーバーでも大物に感じることもあるでしょうし、ベテランからすれば55センチオーバーでないと大物と感じない方もおられるかと思います。

なので、基準値はかなりバラバラなことも多いものです。

とは言え、初心者にこんなことを云っていると、がっかりするかもしれないので、私なりの主観で恐縮ですが、大物と思うサイズを書きますので、参考にしてください。

私が個人的に思う大物のサイズ

私の主観による大物のサイズは、異論もあるかもしれませんが、次の通りです。

・マアジ   陸からは30センチ 船からは40センチ
・クロダイ  50センチ
・メジナ   口太40センチ  尾長50センチ
・メバル   25センチ
・カサゴ   25センチ
・キス    25センチ
・マハゼ   25センチ
・マダイ   陸からは60センチ 船からは70センチ
・キジハタ(アコウ) 50センチ
・ヒラメ   60センチ
・マゴチ   50センチ
・アイナメ  35センチ
・カレイ   30センチ
・スズキ(シーバス) 80センチ
・ブリ     90センチ
・アオリイカ  2キロ
・サワラ   80センチ
・タチウオ  指5本以上のドラゴン 

私の好きなあの魚がない!と云われる方もおられるかと思いますが、オーソドックスな魚について書いています。

まとめ

異論もあるかと思いますし、私の主観で書かせていただきましたが、初心者の方の一つの目標の大きさと考えてくださるといいかと思います。

地域や時期によっては、メバルやカサゴの25センチなどいくらでも釣れるよ~!と云う場所もあるかもしれませんし、ハゼやキスの25センチも誰でも釣れるよ~!と云われる方もおられるかと思います。

そんないろいろな意見は百も承知で欠かさせていただきましたので、ご理解ください。

最後まで記事を読んでくださりありがとうございました。

釣りの大物の売れ筋商品も参考にされてください。

コメント