ランカー級のキジハタを狙うにはベイトタックルが絶対に必要ですか?

キジハタ(アコウ)釣り

Q:質問

エサ釣りやルアーフィッシングで50センチオーバーのランカー級のキジハタを狙っています。

エサ釣りではヘチ釣りや泳がせ釣りもしますが、なかなか大きなキジハタは釣れません。

ルアーフィッシングでは、スピニングタックルでジグヘッドリグで40センチ弱のキジハタを釣りましたが、50センチを超えるキジハタを釣るにはベイトタックルがマストアイテムになるというのを雑誌でチラ見しました。

感覚的にはスピニングタックルのみでもランカー級のキジハタをゲットできそうな気もするのですが、やはりベイトタックルがいるのでしょうか?

もしもベイトタックルが必要であれば、その理由とおすすめのベイトタックルを教えてください。

 

 

A:回答

ルアーフィッシングでキジハタを狙う際にベイトタックルが必要か?ということですが、結論から申しますと絶対にあったほうが良いです。

ベイトリールはバックラッシュするために初心者が絶対に使いたがらないリールなのですが、スピニングリールと比べるとメリットもありまして、キジハタやマダコやショアクエなどではマストアイテムです。

40センチ弱ぐらいのキジハタでも、どうかするとスピニングタックルでは釣りづらく手ごわい時もあるのですが、ベイトタックルならばスピニングタックルよりは簡単に釣り上げることが出来るのです。

その理由も踏まえて、キジハタにはベイトタックルが必要な理由とおすすめのベイトタックルなどを解説します。

キジハタにはベイトタックルが向く理由

ベイトタックルは、ルアーからロッド、リールまでラインが一直線に繋がっていて、ダイレクトにルアーの動きを感じ取ることが出来ます。

グルーパーゲームで大切な「底取り」がスピニングタックルよりも感覚的に感じやすいのです。

キジハタ狙いの場合は、テキサスリグやキャロライナリグなどでボトムを狙うのが中心となりますから、底を感じることが出来るかどうかは大きな差となります。

また、スプールを直接回してラインを巻くベイトリールの力はスピニングリールよりも強く、岩場にいるキジハタなどを一気に浮かせて根に潜らせないようにするためのリフトパワーが強いのです。

このベイトタックルの巻き上げの強さはキジハタ以外の大型のグルーパーを狙う時にも必要となります。

キングオブグルーパーのクエなどもルアーに飛びついてきますので、ベイトタックルでないとなかなか応戦できずに穴に潜られて一巻の終わりということとなりがちなのです。

さらに付け加えますと、持ち手の中指でドラッグノブを回すことで細かいラインスラックを回収することが出来るために、細かな動きでじっくりと攻めるにはスピニングではできない動きをルアーに伝えることが出来るのです。

ルアーでキジハタを狙う時のおすすめのベイトタックル

キジハタ釣りにおすすめのベイトロッド

グルーパーゲームのベイトタックルのロッドは数多くあります。

その中で、操作性に優れ、コスパに優れたロッドを選びたいのであれば、こちらのメジャークラフト トリプルクロス ハードロック TCX-902H/B がおすすめです。

キジハタ釣りにおすすめのベイトリール

グルーパーゲームに使われるベイトリールもたくさんあります。

その中でバックラッシュしにくい高性能のベイトリールを1つ選ぶとすれば、シマノのシマノ アンタレスDC MD XG です。

ストロングゲームを見据えたスピード&タフネス仕様でビッグベイトもストレスなく飛ぶXBブレーキを採用したシマノの秀逸なベイトリールのひとつです。

左ハンドルと、右ハンドルをあえて別々に紹介させていただいています。

ベイトタックルでのキジハタ狙いに有効なリグ

ベイトタックルでのキジハタ狙いに有効なリグは3つありますので1つずつ解説します。

1 テキサスリグ

キジハタを狙う上で基本となるのがテキサスリグ。

つりにいく

定番のリグで、一番最初に覚えるべきリグ。

おすすめのシンカーはバレットタイプのタングステンシンカー。

エバーグリーン EVERGREEN EGタングステンシンカー

【お試しセット】タングステン バレットシンカー TG シンカー 高比重 保護チューブ入り テキサスリグ

カルティバ 岩礁カウンターロック GO-27

フックはカルティバ 岩礁カウンターロック GO-27で、サイズは#1/0を選んでください。

エコギア バグアンツ3インチ

ワームはエコギア バグアンツ3インチがダントツおすすめです。

エコギア キジハタホッグ 3インチ

もう一つキジハタに定番のワームと云えばこちらのエコギア キジハタホッグ 3インチ。

2 ダウンショットリグ

ダウンショットは海釣りで言う胴付き仕掛けと似ていまして、枝スを出す場合と、幹糸に直接ハリを結ぶ場合があります。

釣りバカはただのバカ

フックやワームはテキサスリグと同じモノで構いませんが、進化はこち他のようなタングステンシンカーがおすすめです。

reins(レインズ) TG(タングステン) スリムダウンショットシンカー 1.5oz

3 キャロライナリグ

ベーシック バス フィッシング

キャロライナリグとは、チョイ投げ釣りなどでよく使う中通しオモリをサルカンで止めて、ハリスを50センチ~1メートルぐらいとってハリを結ぶ仕掛けです。

魚にオモリの違和感を与えないために釣りやすい仕掛けとして有名です。

フックやシンカーはテキサスリグのモノを流用できます。

テキサスリグやダウンショットリグではなかなか食い込まないだとか、アタリが小さすぎるだとか、キジハタにやる気がなく活性が低いときに使うのがキャロライナリグです。

ワームは上に紹介したモノの他に定番のキジハタグラブの3インチがおすすめです。

キジハタグラブ 3インチ

まとめ

ベイトタックルが必要となるシーンは、グルーパーゲーム以外にも近年人気があるオクトパッシングつまり、タコエギ
などを使ったゲームです。

スピニングとは違ったパワーを感じることが出来るはずです。

キャストするときにバックラッシュするのがイヤでベイトリールを使わなかった方も、バックラッシュしにくいベイトリールを使ってスピニングリールとは違った釣り味を楽しまれてみてはどうでしょうか?

初心者の方でバックラッシュしないベイトリールには、どのようなものがあるのか気になる方もおられると思います。

楽天市場ではこのようなバックラッシュしないベイトリールが売られています。
バックラッシュしにくいベイトリール

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ルアーでキジハタを狙う方たちに売れ筋の商品も参考にしてください。

コメント