防波堤からの釣りではどのようなタモが良いのか教えてください!

釣具

Q:質問

海釣りの初心者ですが、先日友達と一緒にハゼやキスを釣りに行きました。

その時に、ちょい投げ釣りの仕掛けに50センチ以上あるはあると思える大きなスズキがハリに掛かりました。

どうにかリールを巻いて足元までスズキを寄せたのですが、イトを持ってブリ揚げようとすると、スズキが暴れて糸が切れて、スズキに逃げられてしまいました。

タモがあれば、これまで釣ったことがないスズキをゲットできたのに・・・と、タモの必要性を痛感しました。

防波堤からの釣りでは、どのようなタモを買えば良いのかを教えてください。

 

 

A:回答

初心者がいきなりタモを買うということはあまりないはずです。

釣り人は、目の前で大物を何度か釣り逃がして、「タモの必要性」を考えるようになるものだということを改めて考えさせられました。

私もそうでしたからね。

私がタモを初めて買ったのは、40センチを超えるアイナメを釣り上げるためでした。

足元から海面までの距離が干潮時には3メートルはある防波堤で、25センチ前後のアイナメが良く釣れていたんですが、それまで釣ったこともないような大型のアイナメがハリに掛かり、同じように道糸を持って抜き上げようとすると、ハリスが切れて、何度も大型のアイナメに逃げられたことがきっかけでタモを購入しました。

初心者のうちはどうしても竿やリールなどに目が行きがちですが、タモがないと大物はまず釣り上げられないと思った方がよいです。

裏を返せば、大物を釣りたいのであれば、早い時期からタモを買い揃えるようにした方が良いということです。

防波堤からの釣りとありますが、防波堤からの釣りにもいろいろありますので、どのようなタモを買ったらよいのかと云うことについて書きますので、参考にしてください。

防波堤からの釣りに必要なタモの選び方

防波堤からの釣りと云ってもいろいろとありますが、タモはほとんどいらない釣りもあれば、あった方が良い釣りもありますし、絶対にないとダメという釣りもあります。

例えば、サヨリのウキ釣りだとか、ハゼの脈釣りだとか、小アジのウキ釣り…などと云う釣りではまずタモはいりません。

ところが、キスのちょい投げ釣り、メバルやカサゴ狙いのヘチ釣りなどは、タモはあった方が良いことが多いものです。

なぜならば、キスのちょい投げ釣りなどには、大型のスズキやクロダイがハリに掛かることもありますし、同様にメバルやカサゴ狙いのヘチ釣りには、同様に大型のスズキやクロダイやアイナメ、キジハタなどがハリに掛かることがあるからです。

また、防波堤からの釣りで、絶対にタモが必要なのは、クロダイのヘチ釣り、シーバス狙いの投げ釣り、ウキ釣り、ルアー釣り、更に小アジなどをエサにした泳がせ釣りで、シーバス、青物やフラットフィッシュやグルーパーなどを狙うときなどです。

外道で、大きなアカエイなどが掛かったときも、必要な時はタモがいりますし、不必要な時はミチイトから切った方が毒の棘が刺さる危険性がないので安心です。

防波堤からの釣りで気になるタモのおすすめの長さ

タモの柄の長さは1・5メートルから6メートルぐらいの間で、いろいろな長さがあります。

更に堤防から海面までの長さが9メートルを超えるような防波堤も稀にありますが、そういう場所では「落としダモ」と云って、ロープが付いたタモを利用します。

「大は小を兼ねる」ではありませんが、柄が長いタモは、たいていの場所で出せますが、タモの柄が短すぎて海面すらまでも届かないというのでは役に立ちません。

ですが、「帯に短したすきに長し」との言葉通り、長けりゃ良いというわけでもありません。

長すぎると、使いづらいということが多々あります。

また、柄が長いと当然重たくなりますから、腕が疲れます。

私の経験上で恐縮ですが、タモの柄の長さは4・5メートルあれば、かなりの防波堤をカバーできると思います。

更にもう90センチの長さを加えた5・4メートルのタモの柄の長さがあれば、磯釣りなどでも活躍するはずです。

あくまで、タモの柄の長さは良く行く釣り場の大潮の干潮時の海面までの距離を勘案して選んだ方が良いです。

タモ枠の直径の選び方

タモの柄の長さは、タモが魚に届くか届かないかと云うことで非常に大切ですが、タモの枠の直径も大物を確実に掬うためには必要となります。

そもそもタモ枠の直径は30センチぐらいから60センチぐらいまであります。(船用はもっと大きなモノもあります)

これまた大は小を兼ねますが、持ち運びに不便だったりもしますので、45~50センチぐらいが妥当なのではないかと思います。

ちなみにこの大きさであれば、80センチ以上のスズキでも掬えます。

あなたが何を釣るのかにもよりますし、大きな魚を確実に取り込みたいのであれば50センチ以上の直径があるタモ枠がおすすめです。

防波堤から釣りのコスパに優れたおすすめのタモのランキング

実を言いますと、タモは全てが揃った完璧なものはあまり売られていません。

仕舞寸法が短いと、長さも短いことが多く、付属しているタモの径も小さかったりと、なかなか思い通りの商品はないものなのです。

ベルトが付いてなかったり、ジョイントが付いてなかったり、ユーティリティを考えるとイマイチのモノも多いのが実情です。

そのような状況下で、私なりにおすすめできるコスパに優れたタモを選んでみました。

超小継 磯玉の柄 F-ZEROセット 330 (枠60cm) CKITFZS33

小継玉の柄 BLUE LARCAL350ランディング3点セット (landingset

【送料無料5】ダイワ ランディングポールII 磯玉網 60-60

UMiNEKO タモ タモ網 玉網 4点 セット 磯場&岸壁専用 5.4m 直径 55cm 枠

まとめ

タモは大物狙いの必需品であるとともに、防波堤などではコウイカやワタリガニが泳いでいるのを掬うことが出来ます。

また、ウキが流されたり、釣具が流されたときに掬うこともできますし、私は他の釣り人が連れてきた犬が海に飛び込んだのを掬ったことがあります。

タモは準備しているととっさの時に役に立つことが稀にアあります。(稀ですけど・・・)

タモは別売りのジョイントやフックを付けることであなたの釣りのスタイルに合わせたカスタマイズが出来ます。

タモジョイント

タモのジョイントおw付けると、コンパクトに折りたたむことが出来ます。

タモフック

ジョイントやフックを付けたりすることであなただけのオリジナルのタモが生まれます。

釣り人が100人いると100通り以上の釣りがありますので、自分が使いやすいようにカスタマイズするのがタモだと思います。

最後まで読んで下さりありがとうございます。

楽天市場での売れ筋商品も参考にしてください。

コメント