ヒラメやマゴチを生きた小魚をエサにした投げ釣りで釣る方法とは?

タックル

Q:質問

防波堤から小アジやサバ子やイワシなどの生きた小魚を餌にして、フラットフィッシュと呼ばれるヒラメやマゴチを釣りたいと考えています。

スズキを狙う時の様な、ウキを使った泳がせ釣りではなく、ヒラメやマゴチを狙うには生きたベイトフィッシュを餌にした投げ釣りが良いと聞きました。

どのような仕掛けが良いのか、どのようなタックルが良いのか、またどのようにして釣るのかを教えて下さると助かります。

 

 

A:回答

同じフィッシュイーターでもヒラメとマゴチは若干習性が違います。

ヒラメとマゴチは厳密には棲んでいるところが微妙に違うので、どちらも釣れるということは、船釣り以外あまり多くはありません。

ヒラメはどちらかと云うと岩がゴツゴツした砂地にいることが多く、マゴチは完全に砂泥底に潜んでいることが多いのです。

エサを捕食するタナにも少し違いがあり、ヒラメは海底だけではなく、海底から1メートルぐらい上のエサでも飛びついて捕食するのに対して、マゴチはほとんど海底付近にいるエサを捕食するのです。

なので、ウキを使ってのの泳がせ釣りでは稀にヒラメは狙えても、マゴチがなかなか釣れないのです。

かと思えば、ヒラメは死んだエサではなかなか釣れないのに対し、マゴチは死んだエサでも釣れるということが多いのです。

フラットフィッシュに限らない泳がせ釣りの仕掛けパターン

釣魂

フラットフィッシュだけでなく、青物やシーバス、アコウやクエなどの泳がせ釣りには、上の画像のような仕掛けが良く使われます。

市販のヒラメ釣り仕掛け(ぶっ込み仕掛け)は、海釣り公園や大型船舶が停泊する埠頭回りなどの足元からすでに水深があるような場所では威力を発揮します。

しかしながら、河口の導流堤や漁船が停泊するような比較的浅い防波堤のようなところでは、一番の右側の中通しオモリを使った(脈釣り・垂らし込み仕掛け)の方が良く釣れます。

ちなみに私がフラットフィッシュを狙うときは、一番右の仕掛けでクッションゴムは付けない仕掛けを使います。

ミチイトは5号で、ハリスは3~5号を狙う魚の大きさによって変えます。

問題なのが、ハリスの長さで、大体70センチぐらいがベストな長さです。

ハリは、親バリはチヌバリ5号で孫バリはチヌバリ3号を使います。

防波堤からのフラットフィッシュ用の泳がせ釣り用のタックル

防波堤から釣れるフラットフィッシュの大きさにもよりますが、タックルはそれほどこだわらなくても構わないと思います。

80センチオーバーのヒラメが釣れる場所でも、座布団ビラメが掛かるのは稀ですから、投げ竿、コンパクトロッド、シーバスロッド、磯竿の2号以上、30号負荷ぐらいの船竿などを使いましたが、どれでも釣れます。

リールもベイトリールを投げれる人はベイトリールでも構いませんし、一般的にはスピニングリールを使う方がほとんどです。

3-5号のナイロンラインを100メートル以上巻いてある3000番以上のスピニングリールでしたら、なんでもOK!です。

ギア比が高くハイスピードで巻けるリールだとか、ドラッグ性能が優れているリールだとか、ハイスペックなリールは全く必要ありません。

確かに高価な竿やリールの方が軽くて回転もスムースで釣りやすいのですが、ロッドのポテンシャルやリールのスペック等よりも、他の釣り人の邪魔にならない程度にいかに多くのタックルを出すことができるかによって釣果が違ってきます。

1本よりも4~5本の竿を出した方が釣れる確率がかなり違ってきます。

防波堤から泳がせ釣りでのフラットフィッシュの釣り方

泳がせ釣りのコツは、いかにエサにした小魚を元気よい状態にしておくかと云うことが大切になります。

なので、エサは現地調達し、目の細かなフラシビクに入れておくのが一番元気が良いようです。

どうしても現地調達が無理な時は、エアーを送り込むのはもちろん、なるべく容量の大きな入れ物にたくさん入れないことが肝心です。

親バリ・孫バリ仕掛けは食い込みが良いのですが、生き餌の弱りが早く、特に夏場は5分~10分でエサにしてハリに刺した小鰺などが死んでしまうことが少なくありません。

なので、こまめにエサが元気かどうかを確かめる意味でこまめに仕掛けをチェックする必要があります。

マゴチの場合は死んだエサでも食いつきますが、ヒラメは死んだエサでは釣れないことが多いのです。

基本的にはタックルにはこだわらなくても良いのですが、私の経験上生きた餌を付けて投げ込んで5分ぐらいしたら竿を立てて魚が掛かっていないか確かめながらリールを回転させ、エサが生きているのが分かったらリールを数回転し、エサの位置を移動します。

こうすることで、フラットフィッシュのエサのアピールができます。

先にも書きましたが、竿数があった方が絶対有利です。

竿先にアタリがないことが多いために、ある程度時間が来たら、竿を立てて聞きアワセをしてみることも大切です。

まとめ

ヒラメやマゴチを生き餌を付けての投げ釣りで釣る方法は、手堅い釣果が得られます。

夏場から秋口にかけてファミリーフィッシングなどでサビキ釣りをしている方が多い防波堤では、ベイトフィッシュを狙ったヒラメやマゴチなどが接岸していることが多く、サビキ釣りの傍らでもやってみる価値があります。

サビキで釣れる小魚が、高級魚のヒラメやマゴチに代わる可能性が大ですからね。

最後まで記事を読んでくださりありがとうございます。

売れ筋のヒラメ釣り関連の商品も参考にしてください。

コメント