女性が釣りをする際のトイレと日焼け対策について知りたい!

釣りに関する知識

Q:質問

釣りが好きな彼氏から釣りに誘われたのですが、トイレのことが心配ですし、日焼けなども心配です。

女性の方で釣りをされる方はトイレなどについてはどのようにしているのでしょうか?

また、日焼け対策はどうしているのかお聞かせくださると助かります。

 

 

A:回答

釣りガールがサイトや釣り雑誌などで紹介されて活躍されていますが、一般的な釣り場ではまだまだ女性のアングラーは数少ないですし、女性の単独釣行などと云うのはごく稀な存在だと思います。

釣り場で女性を見かけるときは、彼氏やご主人と一緒に来られている方がほとんどです。

釣り場に女性が少ないのは、トイレが近くにないだとか、炎天下で日焼けをしてしまうからに他なりません。

裏を返せば、近くにトイレがあり、日焼けするほど炎天下で長時間釣りをしないなどすれば、もっと女性も釣り人口が増えると思います。

女性が釣りに行く際のトイレ対策や日焼け対策について書いていますので参考にしてください。

釣りをする際の女性のトイレ対策

釣りにもいろいろな種類の釣りがあります。

船釣りだとか、磯釣りだとか、防波堤釣り、川釣りなどと云った場所での表し方と、ウキ釣り、脈釣り、投げ釣り、穴釣り、ルアーフィッシングなどと云った釣り方による表し方があります。

場所による場合でも、釣り方による場合でも、近くにトイレの設備があることの方が稀ですから、色々と対策を考えねばなりません。

釣り公園だとか、海浜公園のように手洗い場や水洗トイレが完備している釣り場でしたら全く問題がありませんが、これだと行ける釣り場が限られています。

船釣りをする際の女性のトイレ対策

基本的に釣り船にはトイレが付いていますが、小さな船にはついていないことがあります。

付いていても男性用だけだったりしますし、とても汚いトイレだったりもします。(涙)

但し、最近の遊漁船は女性客も安心して使えるように、衛生的かつきれいなトイレがある船もあります。

トイレは、女性が釣りをする上で、最も気になるものですから、トイレのキレイさやしやすさは女性客の獲得に繋がりますし、女性をエスコートしやすいので男性客も増え、結果釣り客が増えるのです。

磯釣りをする際の女性のトイレ対策

瀬渡船で渡る磯も、広くて隠れるような場所があるような磯だったら良いのですが、1~2人しか渡れないような場所ですと、女性は特に大変です。

予め紙おむつなどをしてまで釣りをするような女性もあまりいません。

磯で釣っている女性はスポンサー付きの釣りガールぐらいで、一般の女性はなかなかハードルが高い釣り場です。

紙おむつをしてまで、磯釣りに行く価値があると思う女性は、こちらの紙おむつがコスパに優れています。

防波堤釣りをする際の女性のトイレ対策

駐車場に車を止めていく防波堤には、駐車場の近くにトイレがある場所と全くトイレがない場所があります。

トイレがない場所では簡易トイレと一人用の折り畳みテントがあれば用を足すことができます。

防波堤の近くにコンビニがあるところでは、車でコンビニまで行くというのも一つの手です。

クルマの中にこのようなワンタッチテントを積んでおくと、人目を気にせずに用が足せます。

池や川釣りをする際の女性の防波堤対策

池や川の釣りでは人目を避けて用を足せる場所を探して、済ませる女性もいます。

しかし、どうしても人目が気になるだとか、恥ずかしいという方は、やはり簡易トイレだとか紙おむつなどを用意する方が良いかもしれません。

釣り場も千差万別ですから、下見をして何を準備するかを考えた方が良いときもあります。

釣りをする女性のための日焼け対策

女性が日焼けを嫌うのは、何を隠そう男性が色が白くて美肌の女性が好きだからに他なりません。

だから、女性は日焼けするのを嫌いますし、肌にシミやそばかすが出来るのも嫌がります。

更に、紫外線に長時間当たると、皮膚がんになりやすいともいわれています。

要は、釣りだけではなく、日差しの強い炎天下は、女性の大敵なわけです。

女性の多くはすでにご存じですが、屋外に出ただけで、紫外線を浴びる季節もあります。

一般的なのは日焼け止め

日焼け止めは顔だとか腕だとか見えるところはもちろんですが、耳の裏や首の後ろなども塗り残しがないようにすることが肝心です。

夏場は、脂や汗などにも強いウォータープルーフタイプの日焼け止めを塗りましょう。

帽子はマストアイテム

夏場の髪の毛を守るためにも帽子はマストアイテムですし、紫外線の強い夏などは麦わら帽子が良いのですが、見た目がカッコ悪いと思う方は、つばが広い女優帽などがおすすめです。

髪の毛には全身にスプレーできる日焼け止めも大切です。

肌を隠すためのアイテム

日焼けしないためには、とにかく肌を極力出さないようにすることが大切ですが、炎天下の夏にあまり着こみ過ぎるとそれだけで熱中症にもなりかねません。

フェイスカバーやアームカバーなどは、釣り具メーカーやアウトドアメーカーはもちろん、ワークマンプラスなどでも探すといろいろなスグレモノが見つかります。

偏光グラスもマストアイテム

日差しが強いときは、目も日焼けして、チカチカしたり、ショボショボしたりします。

そうならないためにも偏光グラスはマストアイテムです。

釣りをした後のアフターケアーも大切

釣りから帰った後は、化粧と日焼け止めをクレンジングなどで落として、お風呂に入り肌を清潔にしてお肌の水分補給を行いましょう。

化粧水とパックやクリームなどで水分補給することでシミなどを防ぐことができます。

髪の毛もシャンプーした後は、保湿成分があるトリートメントで洗ったり、入浴後もオイルなどを塗ったりしていたわってあげましょう!

釣りをする女性の服装について

アウトドアですから動きやすい服装、機能性がある服装を一番に考えましょう!

でも、やはり女性らしい可愛いファッションも大切です。

釣りをする際に女性がどのような服装をするのかと云うことに関してはこちらの画像などを参考にして、あなたらしいオリジナリティがある服装を心がげましょう。
釣りをする女性の服装

あまりにファッション性を追求しすぎて、かっこよくても実際に防波堤などで転んで海に落ちたりしたりすると笑えません。

釣り場にかかとの高いヒールやブーツなんかで登場すると、彼氏から「何をしに来たの?」などと逆に嫌われたりすることにもなりかねないので要注意です。

まとめ

女子が釣り肉時にはどうしてもトイレのことや日焼けのことが気になるはずです。

好きな彼氏と一緒に釣りに行きたくても、トイレがないからイヤ!だとか、日焼けするからイヤ!などと思っている方も参考になったでしょうか?

服装はそれほど気にする必要もありませんが、汚れても良いもので、かつ機能的なものであればOKですが、あまりにダサいと着ているご本人もイヤになりますから、それなりにファッショナブルな服装を心がげましょう!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

釣りガールが好む売れ筋商品も参考にしてください。

コメント