ヘチ釣りで釣るキジハタ(アコウ)のエサやタックルが知りたい!

キジハタ(アコウ)釣り

Q:質問

高級魚のキジハタ(アコウ)がアオイソメのエサでもヘチ釣りで比較的簡単に釣れると聞きましたが、よく釣れるエサとタックルなどを教えていただけますか?

未だにキジハタ(アコウ)を釣ったことがないので是非とも釣ってみたいと思いますので、他にも注意することがあれば教えてください。

 

 

A:回答

キジハタ(アコウ)は、ルアーで狙うグルーパーゲーム(ハタ科の魚をルアーで釣る)の中心的存在で、食べても凄く美味しい高級魚ということもあり、人気抜群のターゲットです。

但し、岩礁帯にいるのでルアーで狙うには高度なテクニックあるいは根掛かりしないルアーなどが要求されます。

ルアーで狙うグルーパーゲームと比べると、同じ岩礁帯を狙うにせよ、格段と根掛かりが少ない防波堤からのヘチ釣りなら、これまでヘチ釣りをした方であれば、簡単に釣ることが出来ると思います。

要は、竿を出すポイントにキジハタ(アコウ)がいるかどうかが大きな問題となります。

当たり前ですが、キジハタ(アコウ)が釣れた実績がない防波堤ではボウズを食らう可能性が大ですから、最初は実績がある防波堤で数を釣り、慣れたら実績がなくても釣れそうな防波堤で竿を出すようにしたほうが良いと思います。

キジハタ(アコウ)がよく釣れるエサ

キジハタ(アコウ)は大きさによって食性が変わる魚として知られています。

どういうことかと云いますと、40センチ未満のキジハタ(アコウ)はアオイソメ、イワイソメなどの虫エサやモエビ、岩ガニ、シャコの仲間などを好んで食べます。

なので、クロダイ用にヘチ釣りで使うエサの中で、さすがにカラス貝やフジツボやパイプ貝、ヘラヘラなどと云うエサはキジハタ(アコウ)には通用しませんが、それ以外のエサであればほぼ間違いなく釣れます。

テトラからの穴釣りなどでも、オキアミをエサにしたブラクリ仕掛けでも釣れますし、カサゴ狙いのサバの切り身やサンマの切り身でも釣れます。

ここで注意するのは、エサを使ったヘチ釣りでは40センチを超えるキジハタ(アコウ)は期待しないほうが良いということです。

先にも書きましたが、キジハタ(アコウ)は40センチを超えるとフィッシュイーター化して、活発に生きた小魚を捕食するようになります。

なので、大型のアコウを釣りたいと思えば、ヘチ釣りでは限界があり、小アジなどの活きたベイトフィッシュをエサにした泳がせ釣りやぶっ込み釣りに分があります。

ヘチ釣りで釣りたい方はアオイソメで十分です。

また、日中や夜間を問わずヘチ釣りや穴釣りをしたいというのであれば、こちらの人工餌がかなり有効です。

活きたカニは海底に付くと岩の下などに潜り込み、根掛かり多発ですが、このカニに似たワームのマルキュー(MARUKYU) パワークラブはそんなことはありませんので威力抜群ですし、クルマの中のタックルBOXに入れておけば、いつでもキジハタ(アコウ)を狙うことが出来るスグレモノです。

3回に1回ぐらいは、袋の中の液に浸して臭いをよ~く付けることが、よく釣れる秘訣です。

キジハタ(アコウ)をヘチ釣りで狙うタックル

キジハタ(アコウ)を狙うタックルは、クロダイのヘチ釣りや落とし込み釣りのタックルで十分です。

具体的にはこのようなタックルです。

ロッドやリール、リールに巻くミチイト、ハリス、ハリ、ガン玉等についてそれぞれ解説します。

キジハタ(アコウ)をヘチ釣りで狙う時のロッド

ロッドは2・7メートルから3・0メートルぐらいの長さのヘチ竿が汎用性があります。

低価格なモノでまずはチャレンジしたいというのであればこちらのヘチ竿がおすすめです。

クロダイのヘチ釣りもして、イイものを大切に長く使いたい方や、ヘチ釣りも落とし込み釣りもこれさえあればオールマイティにできる竿が欲しいというのであれば、黒鯛師たちから絶賛されているこちらのヘチ・ロッド【がまかつ】がまチヌ へちさぐり 銀参郎MH300が大人気ですし、おすすめです。

名竿と云われるヘチさぐり銀治郎をより細くてシャープにした感じがするのが後継モデルのへちさぐり銀参郎です。

繊細な穂先と75センチのスズキ(シーバス)も余裕で釣り上げることが出来るバッドの強さを備えた銀治郎を超えるヘチ釣りファン垂涎の竿です。

キジハタ(アコウ)をヘチ釣りで狙う時のリール

キジハタをヘチ釣りで狙う時のリールは、コスパに優れたヘチリールということであれば、こちらのプロマリンのバトルフィールドBK90NRが大人気です。

ヘチリールに慣れている方であれば、最高にコスパの良いリールと云えます。

ヘチリールに慣れていなくて、回転しすぎてバックラッシュするのが苦手な方は、お値段がありますが、黒鯛工房のリールがおすすめです。

黒鯛工房のリールに搭載されているクリックストッパーは不意のバックラッシュを防ぐことが出来るので、ヘチリールに慣れている方ほどその素晴らしさがお分かりいただける逸品のリールです。

こちらのカラーの黒鯛工房のリールも大人気です。

キジハタ(アコウ)をヘチ釣りで狙う時のおすすめのライン

キジハタ(アコウ)をヘチ釣りで狙う時のおすすめのラインはクロダイ用の色が塗り分けられているようなラインでなくても大丈夫です。

私はクロダイ釣りの時もこのラインを使用します。

視認性が良いホワイトですので、夜釣りでも扱いやすいですし、牡蠣殻だらけの壁面などを狙う時も根ズレに強く重宝しています。

また、何よりもコスパに優れているので、キズが付いたらすぐにリールに新しいラインを巻きなおすようにしています。

キジハタ(アコウ)をヘチ釣りで狙う時のおすすめのハリス

キジハタ(アコウ)はハタ科の魚なのでベタ底にいると考えがちでしょうが、実は少し違います。

色々なタナを泳ぐ魚でもあるということは覚えておいた方が良いです。

驚くべきことに、ベイトフィッシュが海面にいるときは、それを目がけて海面近くを遊泳するキジハタ(アコウ)もいるのです。

ですが、やはり基本ロックフィッシュですから根ズレを意識して、30~40センチのキジハタ(アコウ)を狙うにせよハリスは3号ぐらいを使ったほうが無難です。

私がクロダイ釣りなどにおいても頻繁に使うハリスが、コスパ抜群のフロロカーボンハリスのジョイナーボスメントです。

1・5号でも50センチオーバーの年なしのクロダイや70センチを超えるシーバスが釣れますが、根に入られることを想定して3号が良いですし、キジハタ(アコウ)はハリスが太くてもお構いなしに食ってきます。

なので、送料が無料のこちらが断然おすすめです。

キジハタ(アコウ)をヘチ釣りで狙う時のおすすめのハリとオモリ

キジハタ(アコウ)をヘチ釣りで狙う時のおすすめのハリですが、私がお薦めするのは、

・チヌバリ3~4号
・丸セイゴ11~12号

です。

メーカーは特にこだわりはなく、ケン付でなくても大丈夫です。

オモリは、軽いガン玉でユラユラ…という釣り方よりも、重めのオモリで一気に海底に沈めて、そこから上に釣り上げるということを意識したほうが良い結果が出ます。

オモリはガン玉6Bよりも重たいウォーターグレムリンを使います。

大きさは10個から20個入りのサイズを揃えておくと、重宝します。

キジハタ(アコウ)がヘチ釣りで狙える時期と時間帯

キジハタ(アコウ)が防波堤のヘチ釣りで狙える時期は日本各地では少し異なりはしますが、だいたい6月から10月ぐらいと思っておいた方が無難です。

地球温暖化による海水温の上昇で、12月でも釣れる地域もあると聞きますが、アコウを釣りたいの出れば夏を中心に釣行計画を立ててください。

船釣りだとか岩場のグルーパーゲームなどでは日中でも釣れるイメージがあると思いますが、ヘチで狙う時は夜釣りがおすすめです。

キジハタ(アコウ)は、同じハタ科のクエなどと違い、夜になるとある程度広範囲を徘徊してエサを求めますので、夜のほうが釣れる確率が高まります。

キジハタ(アコウ)をヘチ釣りで狙う時に注意すること

海辺の近くに住んでいて、毎晩のように竿を出せる方は少ないと思いますので、夕方から夜の満ち込みとなるような潮を選んで釣りに行ったほうが釣果が期待できます。

埠頭などでは、下げ潮のほうが食いが良いなどと云うところもありますが、総じて上げ潮狙いのほうが無難です。

また、キジハタ(アコウ)をヘチ釣りで狙う時は、引きを楽しむなど言った行為は避けて、ハリに掛かったら問答無用で強引に根に潜られないように主導権を握ることをおすすめします。

根に潜られたりしたときは、必ずハリスのキズなどをチェックすることもバラさないコツです。

まとめ

キジハタ(アコウ)をヘチ釣りで狙う時のタックルや仕掛け、エサ、釣れる時期や時間、釣り方などについて書きました。

この記事を読んで下さった方が、「初めてのアコウ」を手にすることが出来たら、書いた甲斐があるというものです。

長い記事を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

こちらも参考にされてください。

コメント