夜釣り用のLEDライトは電池式と充電式はどちらが良いのでしょうか?

アオリイカ釣り

Q:質問

初めて友人と夜釣りに行くことになりましたが、夜釣りの時に必要なLEDのヘッドライトは電池式と充電式とどちらが良いのでしょうか?

 

 

A:回答

LEDのヘッドライトは夜釣りのマストアイテムで、これがないと釣りになりません。

クルマ横付けの釣りならば、車のヘッドライトを点けるなどと云うこともできなくはありませんが、ヘチ釣りやランガンでアジングやメバリングをするときは、絶対に必要なモノとなります。

結論から申しますと、私は安いモノをそれぞれ持っていて、両方を使い分けています。

左側が充電式。右側が電池式です。

電池式、充電式のそれぞれの良さや不便さについて解説しますので参考にされて頂ければ幸いです。

電池式LEDヘッドライトのメリット・デメリット

電池式LEDライトのメリット

電池が弱くなったら光が暗くなるが、電池を入れ替えることで明るさが取り戻せる。

充電式の様にいきなり切れたら充電完了まで使えなくなると言うことはない。

充電式と比べると軽量。

電池式LEDライトのデメリット

釣りのタックルケースの中に常にアルカリの単4電池をストックしておかねばならない。

充電式と比べると明るさがイマイチなモノが多い。

充電式LEDヘッドライトのメリット・デメリット

充電式LEDヘッドライトのメリット

明るさは抜群で色々な機能が付いていることが多い。

充電することで繰り返し使えることが多い。

充電式LEDヘッドライトのデメリット

釣り場で突然電池が切れると、充電するまで使えなくなる。

充電式の電池が重い。

まとめ

私が使っているLEDヘッドライトは高価なモノではありません。

私が使っている電池式のLEDヘッドライト

私が使っている充電式LEDヘッドライト

当たり前ですがどちらも防水機能が付いています。

雨が降り出したら消えるようなヘッドライトですと困りますからね。

私の釣り仲間は、充電式のかなり高価なモノを使っている方が多いです。

釣りから帰宅するたびに充電し忘れない方はそれでも良いと思います。

最後まで読んで下さりありがとうございます。

売れ筋の釣り用LEDライトも参考にされてください。

コメント