グルーパーゲームに使えるバックラッシュしないベイトリールとは?

キジハタ(アコウ)釣り

Q:質問

ワームなどによるカサゴのルアー釣りにハマっています。

滅多に釣れませんが、ワームで30センチぐらいのアコウが釣れることもあります。

50センチオーバーのアコウやマハタやクエなどをルアーで釣ってみたいのですが、グルーパーゲームの大物狙いにはベイトリールが良いと本に書かれていました。

私は基本的にスピニングリールしか使ったことがないので、ベイトリールだとすぐにバックラッシュしてしまいそうです。

そこで、バックラッシュしないベイトリールやそれに合うグルーパーゲーム用のロッドなどがあったら教えていただきたいと思います。

 

 

A:回答

スピニングリールとベイトリールにはそれぞれ良いところもあれば悪いところもあります。

スピニングリールは一般的なリールで釣り扱いも簡単で飛距離も出ますが、縦糸を横のスプールに巻くためにどうしてもイトがよれてしまうのです。

ベイトリールは縦糸を縦に巻くので、イトよれが少なくダイレクトに巻く力が強く、微調整も簡単にできますが、飛ばそうとするとバックラッシュが起こるのが特徴でした。

ですが、近年はバックラッシュしないベイトリールが開発され、最初はなかなか高根の花で手が届かないお値段のリールでしたが、お値段もお求めやすい値段になりつつあります。

多くのルアーマンはスピニングリールを使いますので、ベイトリールを使うだけで目立ちますし、かっこいいです。

釣力が強く、大型のロックフィッシュはもちろん、フラットフィッシュやクロダイなどのブリームゲーム、岩に貼り付くとなかなか引きはがせないマダコなどのオクトパッシングなどにも使われるのがベイトリールです。

今回はグンとお求めやすく驚くほどの飛距離が出るベイトリールを中心に、グルパーゲームにおすすめのロッドも紹介させていただきます。

初心者にも使えるバックラッシュしないベイトリールは本当にあるの?

ネットではバックラッシュしないベイトリールで検索すると、いろいろなリールが紹介されていますが、現実的にはバックラッシュしないリールと云うのはありません。(キッパリ!)

そもそもどうしてバックラッシュするのかと云いますと、ルアーが飛ぶスピードよりもベイトリールのスプールの回転やラインの放出スピードのほうが速いときにおこるのです。

またどうしてそのようなことになるのかという根本的な原因は凡そつぎの3つです。

1 ブレーキの設定が上手く出来ていない
2 ルアーの重さに対してスプール径が合っていない
3 サミングがヘタクソすぎる

小さな径のスプールで重いルアーを投げようとしても、かなり難しいことを知らない釣り人が多いのです。

絶対とは言えませんが、凡そですがコチラを参考にしてください。

32ミリ径スプールだと7グラム以上のルアーがバックラッシュを起こしにくい
34ミリ径スプールだと10グラム以上のルアーがバックラッシュを起こしにくい
36ミリ径スプールだと14グラム以上のルアーがバックラッシュを起こしにくい

それと、ブレーキの設定の仕方やサミングの仕方も大切と云えば大切ですが、初心者が絶対的にバックラッシュを減らす方法があるのです。

初心者が絶対的にバックラッシュを減らす方法

初心者の方にやっていただきたい方法があります。

それはスプールに巻くラインの量を少なくすることです。

具体的にはたくさん巻いても8割以下です。

スプールに巻くラインの量を少なくすることで、ラインが回り続けようとする慣性の力を抑えることが出来るのです。

結果としてバックラッシュは起きにくくなり、軽いルアーも投げやすくなりますので、是非ともお試しください。

初心者におすすめのバックラッシュしにくいシマノのDC搭載のベイトリール

シマノには通称DC(デジタルコントロールブレーキシステム)を搭載したベイトリールがあります。

このデジタルコントロールブレーキシステムの特徴は、スプールの回転をデジタルで制御して、マグネットブレーキや遠心力ブレーキではできないブレーキを適切な設定で欠けることが出来るシマノ独自のブレーキシステムです。

しかも飛距離が出るのが特徴です。

DC(デジタルコントロールブレーキシステム)は、マグネットブレーキのトラブルレスな良いところと、遠心力ブレーキの飛距離が出せる良いところを良いとこ取りしたようなシステムなのです。

それで、このDC搭載モデルを3つだけ紹介させていただきます。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 16 アンタレス DC/DC HG 右/左 遠投 バス ヘビーバーサタイル

DC(デジタルコントロールブレーキシステム)搭載のフラッグシップモデルと云っても過言ではないシマノが誇る名機。

世界中の巨魚ハンターからも愛用されている実力派向けのリール。

シマノ(SHIMANO) リール 20 カルカッタ コンクエスト DC 100(右) / 101(左) / 100HG(右) / 101HG(左)

W(ウインド)モードを設けることで強風への対応力も強化。
軽く立ち上がり、低弾道で伸びやかな飛びを実現するマグナムライトスプールとの相乗効果で遠投力とキャスタビリティがアップ。
空気抵抗の大きいマキモノ系ルアーも強風下で遠投できる。
高剛性の冷間鍛造ボディに組み込まれたマイクロモジュールギアはローノイズで滑らかな巻きごこちを実現。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 20 SLX DC 70・70HG・70XG(右) / 71・71HG・71XG(左)

2020年発売のDC搭載の低価格モデル。

高根の花だったDC搭載モデルが2万円を切る価格でゲットできる2020年モデル。

圧倒的なコスパでアングラーの支持が凄い!!

ビギナーにはおすすめなバックラッシュしにくいベイトリールNO1ですね!

ダイワのマグネットブレーキ搭載モデルの秀逸なベイトリール

ダイワにはマグネットブレーキ搭載の優れたモデルのベイトリールがあり、いくつかご紹介させていただきます。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール モアザン PE TW 1000XH-TW 2019モデル

シーバス用ベイトリールにおいて「これ以上無い(no more than)」使い勝手を実現。

コンパクト、タフ、キャストの伸び、おかっぱりからボートまで幅広く対応。

シーバス専用ベイトリールとして高い評価を受けるモアザンのベイトリールです。

ダイワ HRF PE スペシャル 8.1R-TW

ハードロックフィッシュ(HRF)専用ベイトリール。ギア比8.1の高速ギアでヒットしたロックフィッシュを一気に根から引き離し、キャッチへと持ち込めます。ブレーキはPEラインに適したものが採用されています。

アイナメ、ソイ、キジハタ等をベイトタックルで豪快に狙っていく際には、このリールを選ぶのがベターです。

ダイワ タトゥーラ TW 100H

スーパーメタルフレームで高い剛性を持ったアイテム。ビッグベイトやカバー撃ち等、パワーを必要とする釣りで使いやすいベイトリールです。

ギア比展開は6.3、7.1、8.1の3タイプ。

巻取りパワー重視の場合は6.3、回収速度重視の場合は8.1、どちらか迷った場合は中間の7.1がお薦めで、ダイワのマグネットブレーキ搭載のベイトリールの中では初心者におすすめの機種です。

ABUガルシアはハイブリッド(マグネット×遠心力ブレーキ)搭載モデル

ABUガルシアは1950年代ぐらいから遠心力ブレーキを採用していた老舗釣りブランド。

現在はハイブリッド(マグネット×遠心力ブレーキ)の搭載モデルとしてロープロファイル型のベイトリールを世に送り出しています。

アンバサダーはあまりに有名ですが、近年はレボやロキサーニなどのリールが主力となっています。

そのようなABUのベイトリールからロックフィッシュに向いたベイトリールを3つ紹介させていただきます。

アブガルシア REVO BLACK10

REVO BLACK10は、ギア比10を超える未開の領域へと初めて足を踏み込んだリールです。

ギア比10.1で巻取り長さはなんと105センチ。ヒットした魚をいち早く障害物から引き離したり、ラインスラックを素早く巻き取れることで速く力強いフッキングが可能となります。

ハードルアーやフロッグを使ったシャローに潜むシーバス狙いやテキサスリグでのロックフィッシュ攻略におすすめです。

アブガルシア(Abu Garcia) REVO SX

マイルドな使い心地ながらへビーなタックルにもマッチするベイトリール。遠心とマグネットをミックスした「インフィニブレーキシステム」を採用しており、ロングキャストからピッチングなどの接近戦までカバーできるのが特徴です。

また、D2ギアデザイン大口径ブラスギアを搭載しており、強度や耐久性も良好。ギア比としては6.6と7.3の2種類が用意されていますが、ラインキャパ16lbで115m、最大ドラグ力11.1kgは共通となっており、十分なスペックを有しているのもポイントです。

アブガルシア(Abu Garcia) ROXANI POWERSHOOTER(ロキサーニ パワーシューター

パワフルな釣りにしっかりと対応できるベイトリール。淡水はもちろん、海水にも使える仕様で、さまざまなターゲットに対応できるのが特徴です。

ギア比は8.0で、自重は242g、ラインキャパは20lbで100m。高耐久デュラギヤブラスギヤと高強度ブラスギヤシャフトを採用しており強引な巻き取りが可能なほか、95mm長で4mm厚のクランクハンドルアームに軽量EVAミドルラウンドノブがセットされているのも魅力です。

初心者におすすめのグルーパーゲーム用のベイトロッド

初心者の中にはスピニング用のロットとベイトリール用のロッドが分からない方もおられます。

要はベイトリールを竿の上にセッティングするために、リールを装着する部分がくぼんだ形になっているのがベイトリール用の特徴です。

高価なブランドの高価なロッドもたくさんありますが、今回は初心者向けでコスパが良いベイト用のロッドにフォーカスして紹介させていただきます。

防波堤などから30センチクラスのアコウや25センチぐらいのカサゴなどをメインに狙う時は、正直バスロッドでも構いません。

ところが、地磯周りなどで、アコウやマハタやクエを狙う時は、50センチオーバーも想定しておかねばなりません。

ロッドの長さに関しては8フィートを中心に足場が高い磯などでは9フィートを使うようにしましょう。

ロッドのパワーに関しては、相手がすぐに根に潜ろうとしますので大物も獲れるヘビーアクションのパワーがあるロッドが必要になります。

グルーパーゲームに使うメインのラインはPE1・5~2号をリールに巻き、リーダーはフロロカーボンの5~7号を使います。

それでは初心者と財布に優しいベイトロッドをご紹介します。

ダイワ HRF 81HB

ロッドのパワーロスにつながるネジレを抑制するための補強素材として、外観美も兼備したブレーディングXを搭載。
重めのシンカーを使ったリグのキャストや、磯まわりでのファイトを強力にサポート。
ROCKな竿を演出するためにフードにはリボルバー調デザインを採用。
バレット(弾丸)シンカーを使う釣りに相応しい外観。
新生HRFブランドを象徴するインパクトのあるネーム部デザイン。
ガイドスレッドの色はレッド / ブレーディングX / 高密度HVFカーボン

テイルウォーク ソルティシェイプダッシュパワーロック【C88XH】Tailwalk SALTYSHAPE DASH POWER ROCK

「ただ硬い・・・」だけではないキャスト&ファイティング時にはしっかり曲がり ロッドとしての機能を果たす・・・そんなロッドの仕上がっている。 ガイドスペックもやや大き目のリングサイズを採用し、 PEのみならずフロロやナイロンの太ラインの「抜け」も十分確保。 C72MH&77Hはトップガイドを5.5サイズ。バットガイドは10と取り回しの良さを優先。 C87H&C88XHはトップガイドサイズ6~バットガイド12とやや大きめにし太ラインにも対応。 スピニングモデルについても2アイテムにおいて 搭載されているガイドスペックに変化を持たせている。 パワーゲームに最適な”握りこむ””力が入れやすい”富士工業社製ECS&IPSに加え、 個性溢れるグリップデザインを採用。

アブガルシア ソルティースタイル ロックフィッシュ STRC-802EXH-KR (ベイト)

初代ロックスイーパーRC-802EXHを引き継ぐ、シリーズ最強最長モデル。
大遠投しても高感度な設計がボトムの様子を的確に伝え、根がかりをかわし、ポイントに落とし込み、ワームを的確にアクションさせる。 
持ち重り感のない高バランス設計は8フィートとは思えない操作性の良さを実感できます。 
余裕のレングスで根をかわし、根に突っ込む大型ロックフィッシュを的確に寄せる事が可能。
ベッコウゾイ、アイナメ以外にも、ハタ系の大型ロックフィッシュに最適なモデル。
セミマイクロガイドシステムを搭載し、PEラインとの相性抜群!

まとめ

ロックフィッシュは食べても美味しいことから非常に人気があるターゲットです。

スピニングタックルでも十分釣れますが、自訴などからランカーサイズのアコウなどを釣るときはベイトタックルは頼りになる存在です。

今までバックラッシュが怖くてベイトタックルを使ってなかった方は、バックラッシュしにくいベイトリールを使うことで新たな世界に突入するはずです。

大変長い記事を最後まで読んで下さりありがとうございます。

売れ筋のロックフィッシュ用のベイトリールも参考にしてください。

コメント