クロダイを狙うヘチ釣りや落とし込み釣りは冬場でも出来るんですか?

タックル
GE DIGITAL CAMERA

Q:質問

クロダイのヘチ釣りや落とし込み釣りは真冬でも釣れるのでしょうか?

私の知り合いは真冬はワカサギを釣りに行ったり、カレイ・アイナメの投げ釣りをしたりして、冬場はヘチ釣りや落とし込み釣りは小休止の時期だと言っています。

ですが、他の釣り人は真冬でもヘチ釣りや落とし込み釣りで、クロダイが釣れる!と言い切ります。

日本全国色々違いはあるでしょうが、基本的に真冬でもクロダイはヘチ釣りや落とし込み釣りで釣れるものなのでしょうか?

 

 

A:回答

日本全国を見渡しますと、西日本では真冬でもヘチ釣りや落とし込み釣りでクロダイが釣れる防波堤は結構あります。

しかしながら、基本的には東日本ではの、練習がてらクロダイ以外の魚を狙っている釣り場もあります。

なので、「冬場にクロダイがどこの釣り場でも必ず釣れる!」と断言できるとは限りません。

しかも、冬場に釣れると申しましても、やはり梅雨入りから秋口にかけてのような釣れ方ではなく、粘って1~2枚釣れたら上出来!という程度の釣れ方です。

しかしながら、意外な釣れ方をするのも冬場のクロダイです。

冬場はクロダイメインではなく、アイナメ、メバル、カサゴ狙いの外道としてクロダイが釣れると考えたほうが良いかもしれません。

実際に私が竿を出すポイントでは、2月の厳冬期にも稀にクロダイが釣れますし、3月から翌1月にかけては、普通にクロダイがヘチで狙えます。

真冬のヘチ釣りや落とし込み釣りで釣れる魚

水深がある防波堤や大型船舶が停泊する埠頭などでは、真冬でも日中はもちろんですが夜のヘチ釣りや落とし込み釣りがとても楽しいものです。

冬の夜のヘチ釣りでは、メバルが良く狙えます。

更に夜に釣れるアイナメは、大型が多いものです。

真冬でもヘチでフッコ・スズキクラスのシーバスは結構釣れます。

タケノコメバルやウミタナゴも冬の夜のヘチ釣りや落とし込み釣りの常連さんです。

更に夜ではないのですが、ヘチ釣りや落とし込み釣りをしたことがない釣り人が驚くような魚も釣れるのです。

冬のヘチ釣やり落とし込み釣りで釣れる意外な魚とは?

真冬のヘチ釣りや落とし込み釣りで、一般的には投げ釣りで狙う魚たちも釣れるので。

ハゼや、カレイや、キスなどです。

前打ちと呼ばれる釣り方で、予め糸を出しておいて仕掛けを投げて落とし込み釣りで釣る方法と、ガン玉の6Bを2個ぐらいハリスに付けて、ヘチリールで際をスルスル…と、エサの付いたハリを落とし込んでいくヘチ釣りでも、案外よく釣れるのです。

カレイは案外際で釣れることも多いのです。

キスを年中狙っている方ならご存知かと思いますが、真冬にミオ筋(船が通る道筋)などで釣れるキスは脂が乗っていてすこぶる美味しいのが魅力です。

このようなキスも稀に前打ちで釣れることがあります。

真冬の昼間にヘチ釣りや落とし込み釣りで、カレイやアイナメやキスなどを狙いたいのであれば、ヘチ釣りであればこちらのタックルがおすすめです。

ヘチ竿270

強いて言えば、夏場のクロダイにももちろん使いたくて、ステータス性も申し分ない竿を使いたい!と云うのであれば、迷わずこちらを選ぶと良いでしょう。

ヘチ釣りを続けるかどうかわからないし、安いので構わない!という方にはこちらがおすすめです。

落とし込み釣り用の竿

長い前打ち用の竿が広範囲を探ることが出来ますので有利となりますが、長いと申しましても5~6メートルです。

私は7・2メートルの竿を買って使いましたが、とても重たくて釣りになりませんでした。(涙)

そのような経緯を踏まえてお勧めするのがこちらです。

夏場にテトラなどから前打ちでクロダイを釣るときにも使いたいという方はこちらもおすすめです。

長いので、出来るだけ軽い竿が手首が疲れません。

昼間のカレイ、アイナメ、キス狙いのリール

海底にいるカレイやキスなどを狙うのにトラブルが多いヘチリールを使う必要もありません。

私はPE1号を巻いた2000番のスピニングリールを取りつけてヘチ釣りや落とし込み釣りを楽しんでいます。

おすすめは人気のこちら。

やや高くても高級機で釣りたい方はこちらがお薦め。

スピニングリールの2000番はいくらでも機種があるので、財布と相談の上買うほうが良いとも思います。

昼間のカレイ、アイナメ、キス狙いの仕掛け

カレイ、アイナメ、キス、ハゼなど元来投げ釣りなどで狙うような魚をヘチ釣りや落とし込み釣りで釣るわけですので、ハリスはフロロカーボンの2号を1メートルぐらいの長さにすると良いです。

ハリスは送料が無料のこちらがおすすめです。

ハリは丸セイゴの11号

ハリは冬場ですから、少ないアタリを確実にものにするようにやや小さめの丸セイゴ11号ぐらいが良いです。

オモリはガン玉の6Bでも良いのですが、もっと大きなルアー用のシンカーがおすすめです。

私はウォーターグレムリンのいろいろなサイズを使いますが、水深がある程度深いところでは、こちらのシンカーを1~2個つけるのが良いと思います。

夜のメバル・カサゴ狙いのタックルや仕掛け

真冬の夜のメバルやカサゴ狙いのヘチ釣りや落とし込み釣りでは、クロダイやシーバス、大型のアイナメやタケノコメバルやムラソイ・・なども混じります。

クロダイはかなり深い海底付近で釣れることが多いのですが、他の魚は驚くほど浅いタナで釣れることが多々あります。

12月から1月半ばにかけては、シーバスは80センチを超えるような大型のものがハリに掛かりますので、ハリスはフロロの2・5号以上を使った方が得策です。

後は基本的には夏にクロダイを狙うときのヘチ釣りのタックルや落とし込み釣り用のタックルと仕掛で構いませんが、ヘチリールとアジング用あるいはメバリング用のタックルがビギナーには使いやすいかもしれません。

真冬のヘチ釣りのおすすめのロッド

ロッドは感度の良いこちらがおすすめです。

こちらも感度抜群で非常に使いやすい竿です。

真冬のヘチ釣りのおすすめのリール

ヘチ釣りのリールは多くのブランドからいろいろなものが発売されていますが、使いやすさと完成度を重視すると、最終的にはこちらに辿りつきます。

真冬の落とし込み釣りのおすすめのロッド

真冬の落とし込み釣りでは、深くても海面から4メートルぐらいまでしか狙わないと、ある程度タナを決め打ちしてターゲットを決めるのも一つの手です。

寒い夜に海面から海底までを軽いオモリでユラユラ…沈めて行くようなことはできない!という方もおられるはずですし、私もどちらかと云うと真冬は比較的浅いタナをドンドン歩いて探る釣り方がメインです。

壁に穴が開いているような堤防ではそんなに深いところまで探らずともいろいろな魚が狙えます。

なので長さもそんなに長くない3・6メートル前後が一番汎用性が高い竿だと思います。

安い竿で構わないというのであれば、コチラが断然おすすめです。

送料込みのこの値段は、リアルな釣具の量販店で買うより安いはずです。

多少高くても、ステイタス性もあり、長く使っても飽きない竿が良いというのであれば、こちらのがまかつの竿がおすすめです。

ダイワの渾身のBJスナイパーの落とし込み竿も使える竿です。

真冬の落とし込み釣りのおすすめのリール

落とし込み釣りで狙うときは、そんなにイトを出しませんので、ヘチリールよりもドラッグなどが付いた落とし込み釣り用のリールがおすすめです。

落とし込み釣りではこれ以上のリールを望むのは難しいので、最初からこちらを買えば、結果的に無駄な出費もなくなると思います。

スタイリッシュなリールで釣りたい!と云うのであれば、こちらのカラーリングのリールもおすすめです。

真冬の落とし込み釣りのハリやハリスやガン玉など

落とし込み釣りに使うハリやハリスは基本的にヘチ釣りとあまり変わりません。

もちろんですが、メインで狙いたい魚があれば、必要に応じてハリを替えます。

問題はガン玉ですが、限られた深さをユラユラ落としてメバルなどを釣りたいというのであれば、B~3Bぐらいのガン玉がおすすめです。

また完全に狙うタナを絞ってなーげッとを狙い撃ちするときは6Bのガン玉などでも十分です。

まとめ

冒頭でも述べましたが、通年ヘチ釣りや落とし込み釣りでクロダイが狙えるかどうかは、地域などにより違います。

また、クロダイが釣れないで、他の魚が釣れると申しましても、これまたその土地土地で違います。

時期に合わせて釣れるものを釣るのがベテランでもあり、達人だと思います。

なまじ魚種を決め打ちすると、どうしても釣りに歪みが出ます。

春先から晩秋に至るまで、ヘチ釣りや落とし込み釣りでクロダイを釣っていた方は、その勢いで真冬にも竿を出してみてください。

どのような魚がどんなエサで釣れるかと云うのもその土地で違いますし、時間帯によっても違います。

なのでこれはご自身で体験するしか、なかなか方法がないのです。

最後まで記事を読んで下さりありがとうございます。

人気が高いクロダイ釣りの売れ指示商品も参考にしてください。

コメント