多くの釣り人がリリースするヘダイの美味し食べ方を教えてください!

ウキ釣り

Q:質問

私がよく行く釣り場では、マキエを撒いたウキフカセ釣りでクロダイに混じってヘダイが釣れることが多々ありますが、たいていの釣り人はヘダイが釣れると舌打ちをしてリリースするのですが、そんなに嫌われ者の魚なのでしょうか?

釣り人の中でも、ヘダイは美味しい魚だよ!という方もいますし、市場価値が低い魚だからリリースする!という方もいます。

私は、本当に美味しければ風評などは気にしないので、ヘダイを美味しい食べ方をご存知でしたら教えてください。

 

 

A:回答

私もヘダイは美味しい魚であると思っている釣り人です。

そもそも「ヘダイ」というネーミングがイマイチなのが残念です。

ヘダイは漢字で書くと平鯛となり、体形が平たく、口がへの字であることからヘダイと呼ばれるようになったとか。

和歌山県のある地方では葬式鯛などとも呼ばれているそうです。

実際に食べていただくとお分かりでしょうが、クロダイやキビレなどよりは随分美味しく、マダイと比べても劣りません。

しかしながらスーパーや魚屋さんでは比較的安い値段で売られいます。

美味しいのに安いというのは消費者にとってありがたい魚なのですが、安いから美味しくないと思っている方が多いのも残念です。

この記事ではヘダイの美味しい食べ方を紹介しますので参考にしてください。

ヘダイの釣り方

ヘダイを食べるためには釣らねばなりません。

一般的な釣り方は、マキエを撒いてウキで釣るウキフカセ釣りです。

ヘダイはチヌやキビレなどの様に湾奥だとか、河口の周りなどにいるということは少なく、どちらかと云うとマダイよりの生息区域にいます。

ただ、晩春から晩秋にかけては浅い釣り場で釣れることも多いのですが、海水温が下がる冬場は深場に移動して釣れなくなります。

ウキフカセ釣りでは、ビギナーや中級者は2号の磯竿を使ったほうがラクに釣り上げることが出来ると思います。

竿はこちらがおすすめです。

スピニングリールは、3000番ぐらいのモノにナイロンの3号を150メートルぐらい巻いておきましょう。

リールは、ギアが強くコスパ抜群のシマノのサハラがおすすめです。

ウキフカセ釣りをしたことがないビギナーは、こちらのようなウキフカセ釣りのセットを購入して使ってみて、これにアレンジを加えてハリを替えたり、ハリスの号数を変えたりすることをおすすめします。

外洋に面した防波堤では50センチを超える大型のヘダイが釣れることもあり、ハリス1・5号が飛ばされるような大物もいます。

また、外洋に面した防波堤や、切れ波止からカラス貝を餌にしたヘチ釣りなどでも釣れるのがヘダイで、40~50センチのヘダイはクロダイよりもパワーが強く、釣り甲斐がある魚です。

ヘチ釣りで狙う際は、リールはともかく竿はこちらがおすすめです。

3メートルの長さで一番硬めのHです。

これぐらいの硬めのヘチ竿でも圧巻のパワーで曲げて暴れるのが大型ヘダイの魅力でもあります。

ヘダイの捌き方

基本的に捌き方は、マダイやチヌと変わりません。

こちらの動画が参考になります。

初めて魚を捌く方にもわかりやすいです。

ヘダイの美味しい料理法

基本的にタイ科の魚ですから、世間一般で知られる料理法は何でもできる魚です。

・刺身
・塩焼き
・お煮つけ
・ムニエル
・昆布締め
・アクアパッツァ
・鯛めし
…などなど。

どれをとってもマダイに劣らない旨さがヘダイの魅力です。

こちらの料理法は試す価値があると思います。

塩ひつまぶしは、他の魚でも試してみたい料理法です。

まとめ

クロダイよりもウンと美味しいヘダイを軽視するのは考えものだということがお分かりいただけたでしょうか?

見た目もきれいですし、どんな料理にしても臭みもなくとても美味しい魚です。

25~30センチぐらいのサイズのヘダイは、塩焼きやお煮つけなどに最適なサイズです。

このサイズのヘダイが釣れたら、是非とも料理にチャレンジしてみてください。

ヘダイに対する見方がガラリと変わると思います。

最後まで読んで下さりありがとうございます。

シマノのスピニングリール3000の人気機種も参考にしてください。

コメント