初心者でも簡単にデイメバルが釣れる釣り方がありますか?

タックル

Q:質問

フィールドテスターの方が、ルアーで真昼間に20センチぐらいのデイメバルを次々に釣り上げている動画を見ました。

釣り場は、凄く活性が高いメバルがウジャウジャいる静かな湾内でしたが、私が住んでいる政令指定都市の湾奥では、日中にメバルを狙っている方もいませんし、夕方から夜にかけてもメバリングでの実績がほとんどない釣り場です。

エサ釣りでもなかなかメバルが釣れない場所で、そもそもデイメバルが釣れるかどうかも疑わしい状況です。

このような条件の釣り場で、ルアー釣りやエサ釣りのどちらでも構いませんので、デイメバルを釣る方法があれば是非とも教えていただきたいのです。

 

 

A:回答

デイメバルは、よほど条件に恵まれないとなかなか難しい釣りになると思います。

メバル釣り自体は決して難しくはないのですが、時合とタイミングといろいろな条件が複雑に絡んで、釣れる時と釣れない時の要因がイマイチつかみにくい魚なのです。

日中のサビキ釣りに小アジに混じって15センチぐらいのメバルが釣れたりすることもあります。

だからと云って次の釣行でメバルがサビキ釣りで釣れるかと云うと、これまたNOでもあるのです。

埠頭から投げ釣りをしていて、ジェット天秤に市販の投げ釣り仕掛けでキスが釣れて、キスをハリから外す際にかまたまジェット天秤や仕掛けが海水に浸かっていて、竿先がお辞儀しているのでアワセを入れたら25センチぐらいの良型のメバルが釣れたこともあります。

たまたまでしょうが、日中でも妙な釣れ方をすることがあるのもメバルです。

湾奥でのデイメバルはテスターでも難しい!!

政令指定都市の湾奥でデイメバルを釣るのは、エサ釣りでもかなり至難の業だと言えます。

ましてや日中にメバリングなどで狙っても、たまにクロダイやシーバスが掛かるぐらいで、メバルにお目に掛かれる可能性は極めて低いと思います。

テスターの方が日中にメバリングをしても全く釣れないシーンを何度も見ましたし、エサ釣りでもアオイソメなどの虫エサは見向きもされないことがほとんどです。

強いて言えば、デイメバルを狙えるのはモエビを餌にしたウキ釣りだとかヘチ釣りで、たまたまメバルがいたときにハリに掛かる程度です。

離島だとか、立ち入り禁止区域だとか、ほとんど釣り人が寄り付かないテトラからの釣り場だとか、とにかくスレていない場所でないとデイメバルは難しく、クルマ横付けで朝昼晩夜も誰かが竿を出しているような場所では、デイメバルはおろか夜のメバルも釣り荒らされていなくなっているのが現状です。

日中のメバリングでデイメバルを釣るのは釣り場次第!

日中にメバルリングでデイメバルが狙えるかどうかは、腕やタックル以前に釣り場次第だとも云えます。

ちなみに私が夕方からの2時間ぐらいで、これぐらいのメバルが釣れる釣り場でも、昼間はデイメバルを狙って釣果0つまりボウズです。

日中はエサ釣りでもダメですし、ワームや小型のプラグを使ったメバリングなどもアタリすらありません。

夜は簡単に釣れるのに、日中はアタリすらありません。

私が釣る釣り場は、塀某に無数の穴やスリットがあり、日中はかなり奥の方にメバルが潜んでおり、壁際を狙ってもエサに気付いてくれないみたいなのです。

ルアーで壁際をリトリーブするなど…論外です。

離島や釣り人が少なく場荒れしてない釣り場では、デイメバルがサイトフィッシングで釣れるのは常識ですが、場荒れしてスレまくった湾奥ではデイメバルは非常に難易度が高くなると思います。

ビギナーが難しいのを承知でデイメバルを餌で釣る方法

腕に自信がある方であればもちろんメバリングでデイメバルを狙うという選択肢もありますが、ビギナーでもエサ釣りでデイメバルと出会える釣り方を紹介します。

まずは仕掛けをご覧ください。

メバル釣りの極意

これはクロダイのヘチ釣りではなく、落とし込み釣り用の仕掛けです。

ヘチ釣りと落とし込み釣りの違いが分からない方は、似て非なるモノですので、こちらをご覧ください。
ヘチ釣りと落とし込み釣りの違い

デイメバル攻略のためのロッド

メバル釣りのロッドは、Uガイドが付いているこちらのロッドが断然おすすめです。

基本的には3・6メートル~4・2メートルが使い易くでおすすめですが、船溜まりなどをよりアクティブに攻めたりするときは、他の長さのニッシンのズームロッドが良いです。

ニッシン pro square 2way クロダイ

デイメバル攻略のためのリール

落とし込み釣りのロッドと相性が良いのは太鼓型リールですが、予算に応じて、高くてもヘチ釣りにも使えるモノが欲しいという方はこちらのリールがおすすめです。

黒鯛工房のクリックストッパーが付いているリールはバックラッシュせずに使い易いのですが、お値段がソコソコ高いのがたまにキズです。

財布と相談のうえ、購入を決めてください。

こちらのプロマリンのBK80DRはドラッグ機能がついてバックラッシュしにくいので、落とし込み釣りには向いています。

小型慮軸リールの方が使い易という方はこちらがおすすめです。

レベルワインダーが付いた小型両軸リールなら、コチラがおすすめです。

デイメバルを釣るときのライン

夜にメバルを狙う時は極端な話、活性が高いときはフロロの3号以上でもガンガン釣れます。

釣りの本にはハリスは細いほうが良いなどを書かれていますが、鵜呑みにしてはいけません。

釣れる範囲で太い糸を使ったほうがクロダイやシーバスが飛び入りしても安心して釣れます。

但し日中は海水の濁り具合にもよりますが、ハリスは、フロロの1・5号以下に落としたほうが良いと思います。

こちらのジョイナーボスメントはコスパ抜群なフロロのハリスで、私は永く使っています。

デイメバルを釣るときのエサ

デイメバルを餌で釣りたいのであれば、必ずこちらを餌にしてください。

モエビです。

3センチぐらいがベストです。
あまり小さなものはハリにも刺さりませんので要注意です。

エサ釣りで、モエビが入手できなければデイメバルは諦めたほうが良いです。

まとめ

日中でも絶対に釣れないわけではないデイメバル。

好条件が重なれば、場所次第ではソコソコ釣れるのもデイメバルです。

沖の防波堤などに渡れば、日中でも上の画像ぐらいは釣れることもあります。

但し、上の画像程度のメバルやカサゴでしたら、湾奥で夜に狙えば、1時間ぐらいでホイホイ…と広い釣りができる程度の数です。

ムリして釣れない日中に竿を出すよりも、夕方から2~3時間の竿出しをしたほうが、数も型も狙えて楽しいと思います。

最後まで読んで下さりありがとうございます。

手返し良く釣るためのメバル専用ののべ竿なども参考にされてください。

コメント