ビギナーでも夜のウキ釣りで太刀魚がたくさん釣れる方法が知りたい!

タチウオ釣り

Q:質問

釣りの入門書に書かれてある通りのタックル、仕掛け、エサで夜に電気ウキを使って太刀魚を釣りに行きましたが、アタリがあるのですが、全く釣れませんでした。

周囲の方は、何匹かずつ釣れていましたが、なぜかビギナーの私だけボウズ・・です。(涙)

どこが悪いのか?またどうしたらたくさんのタチウオが釣れるのか教えてください。

 

 

A:回答

タックルや仕掛けやエサに問題がないとしたら、周囲の方と何が違うのかをよくよく考えてみてください。

考えられることは、ウキ下つまりタナの深さとアワセ方です。

更に、釣りの基本書に書かれていることは、その釣り場ごとに若干アレンジしたほうが良い場合が多いので、そのことについても触れたいと思います。

太刀魚釣りはアワセ方が独特なので、そのことについても触れたいと共いますので、ビギナーの方でたくさん釣りたい方は読み進めてください。

太刀魚釣りの基本的仕掛けとタックル

まずは下の図をご覧ください。

横浜、横須賀のタチウオ釣り場

この仕掛けは一般的なものであり、多少アレンジを加えた方が良いです。

ハリスはワイヤ―ですがワイヤー付きの丸セイゴが販売されているのでそれを使いましょう。

また、ケミホタルやスイチカルミコなどの発光体はエサが付いたハリの5センチ上ぐらいに付けた方が効果的です。

ビギナーにおすすめな電気ウキを使った夜の太刀魚釣りのタックル

ビギナーにおすすめな電気ウキを使った夜の太刀魚釣りのタックルについて解説します。

決して難しくはないので、気楽にご覧になって下さい。

電気ウキを使った夜の太刀魚釣りのロッド

ロッドは、通常磯竿の4・5~5・3メートルの2~3号を使う方が多いようです。

キャリアが長く、夜釣りに慣れている釣り人であれば問題がありませんが、ビギナーは竿先にミチイトが絡んだままアワセを入れたりして、竿先を折ることが多いのです。

その前に、ミチイトがよく竿先に絡みます。

絡み防止ガイドの竿もありますが、やはり絡みます。(涙)

なので、私は20号負荷ぐらいの3・5~4・5メートルの長さの投げ竿の方が良いと思っています。

20号負荷の投げ竿も国産の有名ブランドですと、かなり高価な竿もありますが、高価である必要はありませんし、2~3本あった方が確率が上がりますので、こちらがおすすめです。

ガイドが大きくガイド数が少ない投げ竿の方が磯竿に比べますと、夜釣りではトラブルが少ないので、ビギナーにはおすすめです。

電気ウキを使った夜の太刀魚釣りのリール

スピニングリールの3000番ぐらいを使ってください。

太刀魚は、たとえドラゴン級の大きさでもナイロンの3号を150mぐらい巻いていれば大丈夫です。

ドラッグ性能が高性能だとか、ハイスピードでイトを巻く性能などは全く関係ありません。

私がおすすめするのはズバリ・・こちらのABUのスピニングリールです。

こちらのリールを進める理由は、アルミの替えスプールが予め付属されていることと、お値段のワリに回転も滑らかで使いやすいからです。

つまりコスパが抜群なことです。

電気ウキを使った夜の太刀魚釣りの電気ウキ

太刀魚を夜電気ウキで狙うときは、比較的潮通しの良い場所で釣ることが多く、電気ウキが遠くに流されますので、視認性を第一に考えた方が良いです。

おすすめな電気ウキは、こちらのハピソンの電気ウキです。

ハピソンは松下電器からパナソニックになって部門を譲渡された会社ですので、エアーポンプや電気ウキなどは秀逸なモノが多いブランドです。

太刀魚釣りのエサ

夜のウキ釣りでタチウオを狙う時は、スーパーで刺身用のキビナゴを購入すると良いです。

釣具店の冷凍ケースに入っているキビナゴよりも新鮮で食いつきが良いですし安価です。

釣りに行く前日に購入して、食卓塩をまぶして、締めておいても良いです。

たまに、活きた小アジやイワシのほうが食いが良い時もあります。

常連さんが生きたベイトフィッシュを餌にしている時は、サビキ釣りで小アジやイワシを釣って、背掛けでタチウオを狙いましょう!

但し、ビギナーにはややハードルが高いかもしれません。

太刀魚釣りの釣り方

さて、一番肝心な太刀魚の釣り方を解説します。

タナのさぐり方

太刀魚に限らずあらゆる魚はいつも同じタナを泳いでいるわけではありません。

特に、フィッシュイーターと呼ばれる小魚を捕食している魚はエサとなる小魚がいるタナを泳いでいます。

通常は3ヒロぐらいから始め、1ヒロに替えたり3ピロ、4ピロにしたりしてアタリが出るタナを探るのです。

ビギナーは最初は2本ぐらいの竿を出すのも難しいので、1本で釣り場に臨み、慣れたら複数本出せば早くその日のタナを探すことが出来ます。

ウキが沈んでのアワセの入れ方

これから書くことが、太刀魚をエサを使っての夜のウキ釣りで釣ることの一番重要なところです。

太刀魚は捕食が下手で、なかなか食い込まないために、ウキが見えなくなって暫くして竿を立ててアワセを入れてもハリに掛からないことが多いのです。

ウキフカセ釣りで、クロダイやシーバスを釣り慣れている方たちからすると、有り得ないほどハリに掛からないのです!

ウキが沈んで10秒待って、アワセを入れても、たいていはハリに掛からないのです。(涙)

ここが一番重要なところですので、色を変えますね。

ではどうするかと云えば、ウキが沈んでも1分~3分の間竿を持ってじっと待つのです。

アワセのサインは、竿を持って行くほどの引きがあって初めてアワセを入れる具合が丁度良いのです。

投げ釣り用の三脚を持っている方は、竿を三脚に立てかけて、ウキが沈んでも絶対にアワセを入れずに、竿尻が浮いて、竿は海に引きずり込まれそうになってから竿を持ってアワセを入れるぐらいで丁度良いのです。

太刀魚の締め方と料理法

釣れたタチウオの簡単な締め方をご紹介します。

針を飲んでいる時などは、鋭い歯をした太刀魚の口の中に指を入れてハリを外すことさえ非常に危険です。

ではどうするかと云うと、太刀魚の頭を下にして左右のエラから利き腕の人差し指と中指をエラに入れて、クーラーの角やブロックの角などに太刀魚の頭を置いて逆方向に折るのです。

ドラゴン級のタチウオでも簡単に折れます!!

すると、折れたところから鮮血が噴出しますので、それを海水で洗って、氷がたっぷり入ったクーラーに入れれば良いだけです。

針を飲んでいるようなときは、先に首を折ってからハリを外せば、簡単にハリが外せます。

釣り人の特権として是非とも食べたい太刀魚の刺身

太刀魚は、塩焼きやお煮つけにしても、凄く美味しい魚ですが、釣り人であれば、釣りたての太刀魚を刺身で食べたいものです。

色々な魚の刺身の中でも、上位に入ること間違いなし!の絶品です。

厚く切ったり、薄く切ったり、刺身醤油で食べたり、紅葉卸とポン酢で食べたりもできます。

太刀魚の刺身を食べると、病みつきになりますよ~!

まとめ

太刀魚の釣り方などについて書きましたが、一番肝心なところはアワセの入れ方です。

これを誤ると、アタリがあっても釣れません。

裏を返せば、なぜこのことを釣りの入門書などでは詳しく書かないのかが不思議です。

それはともかく、近年はワンド釣法などで、太刀魚のルアー釣りも盛んです。

エサ釣りよりもお気軽に狙えるということで人気が出ています。

最後まで読んで下さりありがとうございます。

売れ筋の太刀魚ルアーも参考にしてください。

コメント