泳がせ釣りでハリに掛かるアカエイはどうやって食べたら美味しいですか?

アカエイ釣り
GE DIGITAL CAMERA

Q:質問

湾奥で小アジなどのベイトフィッシュをサビキで釣って、大型のシーバスやヒラメなどが釣れたらいいなぁ~!と思ってそれらを餌にして泳がせ釣りや生きたアジゴを餌にしたぶっ込み釣りをやっています。

ところが、泳がせ釣りの仕掛けにも、ぶっ込み釣りの仕掛けにも、ハリに掛かるのはほとんどアカエイです。

もの凄い引きで、5号ラインと5号ハリスを瞬殺で切っていくような大型もハリに掛かります。

釣っても、尻尾に毒の棘かあるために危険ですし、食べ方を知らないので、ハリスを切ってリリースしていました。

釣りに詳しい方に聞くと、アカエイは料理法次第では美味しい魚であるとのことを聞きました。

釣れた後の、締め方、解体の仕方や美味しい料理法を教えてください。

 

 

A:回答

湾の大きさにもよりますが、大きな湾奥で泳がせ釣りや生きたベイトフィッシュを餌にしたぶっ込み釣りをしても、ハリに掛かる多くはアカエイと云うのが実情です。

大きなものになると、横幅が80センチぐらいで、細長い尻尾を入れると2メートル近い長さになり、重さも15~20キロになります。

いうまでもなく、尻尾にある毒の棘から出る毒は、近場で釣れる毒を持つ魚の仲間では最も強力なものだと言われています。

なので、ハリに掛かってアカエイだと分かった時点で、アカエイにハリが掛かったままミチイトを切ったりする方も多いのです。

なぜならば、45センチ~50センチぐらいの径のタモにはなかなか入らず、無理して入れても、15キロ~20キロある重さのアカエイを海面から掬うのはなかなか大変だからです。

しかも、妙なことして尻尾の棘が刺さったりしたら、即病院に行くハメになります。

アカエイはエイ科の中では抜群に美味しい魚でもある!

釣り人に限らず多くの方は、アカエイの料理を食べたことがないのではないかと思います。

左党の方であれば、乾物屋さんなどにつまみとして販売されているエイヒレを、スルメと同じようにあぶって、ちぎって、マヨネーズに醤油と七味唐辛子を加えたものを付けておつまみとして食べたことはあるはずです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便送料無料】【お試し】炙りえいひれ/65g
価格:648円(税込、送料無料) (2020/9/5時点)

独特の風味と歯ごたえは、つまみの中でも群を抜いて美味しいモノの一つだと思います。

ところが、アカエイは、釣り上げて、正しい捌き方で鮮度の良いモノを食べると、絶品!という方が多い美味しい魚でもあることはあまり知られていません。

この記事ではアカエイの捌き方や美味しい料理法を紹介いたしますので、読み進めてください。

アカエイが釣れた時の捌き方(解体の仕方)

アカエイは、普通のサカナとは全く違った骨格をしています。

(毒の棘がある尻尾を付け根から切り落とすのを一番最初にやりましょう!)

なので、包丁の入れ方が分からず、捌くのを断念する方が多いのが実情です。

尻尾を切り落とした後はどうしたらよいのかは、こちらの動画を参考にしてください。

要は、エラの部分から左右縦に切り落とし、中心部分の下の肝を取り出すということです。

捌き慣れている方は、必ずを取り出します。

アカエイの美味しい料理法

釣れたアカエイは、できれば釣り場で捌いて不要なモノを海に戻せば、家庭から出る生ゴミも少なくなります。

釣り場で捌いたものは、クラッシャーアイスがたっぷり入ったクーラーBOXに入れて持って帰るようにしましょう。

どのような料理にして食べたら美味しいかを解説します。

アカエイの肝及び内臓の食べ方

新鮮なアカエイの肝は、生のままで食べるのが一番美味しいと言われています。

更に、肝以外の内臓も美味しいので、話のネタに是非一度食べてみることをおすすめします。

アカエイのから揚げ

釣れた魚はから揚げにすると、たいてい美味しく食べれます。

しかしアカエイのから揚げは絶品という方が多いので、アカエイが釣れた方はぜひチャレンジしてください。

絶対に食べたくなりますよね?

アカエイのお煮つけ

から揚げと共にアカエイの料理法ではポピュラーなのがお煮つけです。

どうやって作るのかは、こちらをご覧ください。

アカエイの刺身

から揚げや煮つけよりも難易度は他界のですが、是非ともチャレンジしていただきたいのがアカエイの刺身です。

若い女性が作っている動画を参考にあなたもチャレンジしてみてはどうでしょうか?

タレは、わさび醤油とゴマ油とニンニクを入れたもので食べると、これまた違った味わいが楽しめます。

まとめ

アカエイのいろいろな食べ方を知ると、是非とも釣って食べたくなるはずです。

専門に狙っている釣り人もいまして、凄くゴツイタックルはもちろん、タモではなくギャフを使っています。

専門に狙っている方の多くは、アカエイの美味しさを知っている方たちです。

美味しいアカエイ料理を食べる前に、まずは釣り上げないといけません。

本格的に狙うのであればどのようなタックルが必要かも参考にしてください。

とは言え、アカエイ釣りの決まったタックルはありませんので、相手が15キロ~20キロにもなるということを想定したタックルを準備することが必要です。

アカエイ釣りのロッド

ロッドは普通の投げ竿だとか、シーバスロッドなどのルアーロッドでは10キロ以下であればなんとか釣れますが、20キロぐらいになることを想定すると少し大げさすぎるようなモノでも構いません。

例を挙げると、イシダイ用のタックル、クエ用のタックル、タマン(フエフキダイ)やコロダイ用のタックル、おかっぱりから大型青物を狙うタックル・・などなど。

これらは既に持っている方は良いのですが、新たに買い揃えるとなると、凄く高価な竿がほとんどです。

なので、安価でありながら大きなアカエイと対峙が出来る竿を探すと、磯竿の5号以上となります。

もちろん磯竿の5号もピンキリがありますが、こちらの磯竿5号が送料込みでお手頃価格です。

長さは4・5メートルの方が竿さばきが楽ですし、若干価格がお安いので4・5メートルをチョイスしました。

アカエイ釣りのリール

ベイトリールにしてもスピニングリールにしても、最大ドラッグ力が大きいほうが安心して使えます。

但し、国産メーカーで最大ドラッグ力が大きなものを探すと、値の張るリールが多いので、こちらのスピニングリールがコスパに優れておすすめです。

国産にこだわる様であれば、コチラがおすすめです。

アカエイ釣りのライン(ミチイト)

アカエイ釣りではリールのタイプにもよりますが、ナイロンラインですと20号以上。PEラインですと6号ぐらいを巻いておくと少々大物が来てもやり取りできます。

ただナイロンラインの20号ですと、非常に太くてリールのスプールにはそんなには巻けません。

なので、PEラインの6号以上がおすすめです。

PEラインはこちらが送料込みでコスパ抜群です。

アカエイ釣りのハリス

ハリスはナイロンあるいはフロロカーボンでも構いませんが、10~20号の間のモノを1メートルぐらいの長さで使いましょう。

ハリスは船釣り用のハリスでも全く問題ありません。

アカエイ釣りの針

アカエイを本格的に狙うのであれば、とにかく軸が太い針が安心して使えます。

例を挙げますと、こちらのチヌバリ8号など。

ヒラマサの針でもOKですよ~!

アカエイ釣りにあったほうが良いモノ

大きなアカエイは通常のタモでは入らないことが多く、入ってもタモが折れたりすることがあります。

なので、タモの柄に装着して使うギャフがあるととても便利です。

最後まで読んで下さりありがとうございます。

アカエイの尻尾を切るときなどにもよく役立つアウトドア用のナイフも参考にしてください。

コメント